無垢材のオーダー家具と過ごす生活

あなたが納得する無垢なオーダー家具をお部屋に


無垢材のオーダー家具と過ごす生活

オーダー家具にぴったり無垢材とは

家具に使われる木材には様々な種類があり、それぞれ特徴が違います。多くの量販品の家具では、合板などを使うことが多くあります。合板とはベニヤ板などが当てはまり、表面に突板などを貼り付けて木目調にしたりしています。合板は数枚の板が張り合わされているため、強度が限られてくるため板の厚さなどにより強度に差が出てきます。またベニヤ板とは違い無垢材を利用した家具もあり、こちらは高級な家具に使われることが多くなります。無垢材はベニヤ板のように張り合わせたりすることなく、木をそのまま板状に切断したりして加工するため、木本来の木目や匂いを楽しむことができます。また余計な加工をしていないため、強度もあり使用していくうちに色が深まり、オーダー家具にぴったりの素材になります。

無垢材の特徴とはどのようなものがあるのか

無垢材はオーダー家具にするには、使用しうちに色合いが深まり味わい深いものになるため、とても理想的な素材になりますが、その他にも特徴があります。まず基本的なことになりますが、木をそのまま切り出しているため、木目がそれぞれの木によって違いがあり、同じものは存在しないことになります。そのため無垢材でオーダー家具を作ると、世界に一つしかないものを作ることができます。また木目とともに肌触りもよく、木が持つ暖かさと肌触りを感じることができます。そして無垢材は丈夫であるため、使い込んでいくにつれ味わいが出て深みが増すだけでなく、アンティークになっていくことも特徴に挙げられます。アンティーク家具をそのまま買うことも出来ますが、長年使うことで愛着も深くなります。

普通のオーダー家具より費用がかかります

量販品の家具などは、ある程度安価で手に入れることができますが、オーダー家具になると寸法や引き出しや棚など細かい部分まで、作りこまなければいけないため費用が高くなります。しかしそのようなオーダー家具も使用する材料により値段に変化があり、無垢材を使用すると費用は一気に跳ね上がることになります。これは無垢材自体が高価なものであるため、オーダー家具を作ることによりその分の費用もかかることになるためです。このように無垢材でオーダー家具を作るとなると、費用が大きくなってしまうため、予算に余裕があるときなどに作るようにしましょう。または、使用頻度が多かったり何かの記念などで、無垢材でオーダー家具を作ることも選択肢の一つになります。無垢材は長く使うほど味が出てくるものなので、日ごろから手入れを行い長く使えるようにしましょう。