無垢材のオーダー家具と過ごす生活

あなたが納得する無垢なオーダー家具をお部屋に


無垢材のオーダー家具と過ごす生活

特徴イロイロおすすめオーダー家具用無垢材

無垢材とは、合板やベニヤのような加工をしていない、植わっていたままの木材のことです。人工的に作られた木材ではないため、木そのものの色合いやぬくもりを楽しむことができます。また、一本の木から無垢材として取り出せる量は限られているので、希少価値も高い木材であると言えます。オーダー家具に人気の無垢材ですが、その希少価値の高さゆえに決して安い買い物ではありません。購入前に代表的な種類と特徴をしっかりチェックすることをおすすめします。樹木は大きく針葉樹と広葉樹の2種類に分けられます。無垢材として使う場合にも、それが針葉樹であるか広葉樹であるかによって特徴に大きな差が出てきます。それぞれのメリット、デメリットをしっかり押さえた上で、どの樹種をオーダー家具に使うのかを検討していきましょう。

オーダー家具に人気の主な針葉樹

針葉樹は一般的に香りが良く、柔らかいのが特徴です。木特有のぬくもりを感じることができる反面、柔らかいために傷がつきやすいのが欠点です。針葉樹の無垢材でオーダー家具を作る場合、動かす機会が少なく傷が付きにくい家具にすると良いでしょう。主な樹種は以下の通りです。◼︎ヒノキ言わずと知れた樹種ですね。香りが良く、木目も綺麗で品があります。同じ針葉樹のスギより強度が高く、比較的使いやすいです。◼︎パイン狂いの少ない樹種で、柔らかさが特徴です。木目は素朴な印象で、カジュアルに仕立てることができます。ほのかな黄色の木材ですが、経年でだんだんと色が濃くなっていきます。柔らかく傷がつきやすい材でもありますが、色の変化や傷も一つの「味」として捉えると楽しい樹種です。

オーダー家具に人気の主な広葉樹

広葉樹は一般的に硬く丈夫で、木目の種類や色が豊富です。その分、柔らかい針葉樹と比べると、少し木のぬくもりは感じにくいかもしれません。オーダー家具で人気の無垢材は以下の通りです。◼︎ケヤキ木目は濃くはっきりとしており、全体に赤みのある木材です。経年で色が変わるので、長く使い続けることで味が出てくるのを楽しめます。◼︎オーク(ナラ)色や木目に大きな特徴はなく、和風にも洋風にも溶け込む使いやすい樹種です。加工しやすいため、古くから家具に使われてきました。◼︎ウォールナット黒っぽい茶色で、重厚な雰囲気を持つ材です。力強い印象を持たせたい時に使うと良いでしょう。◼︎ブラックチェリー経年による変化の著しい樹種で、オレンジ色から赤茶色に変化していきます。楽器にもよく使われます。◼︎メープル白っぽい色ですが経年で飴色に変化します。光沢があり、つるつるとした質感が美しい樹種です。

職人がデザインした家具のため、形の良さだけでなく常に使い心地、使い勝手を考えた家具になります。 ご希望に合わせた商品仕様により、価格の調整が出来ます。 各店、最寄駅から徒歩5分圏内に店舗を構えております。 東京23区内に限り、無料での出張訪問を承ります。 金物に頼らない日本古来から伝わる建築技法を活かした職人技で作られた、一生モノの無垢材家具です。 無垢のオーダー家具もKAGURAなら多数ラインナップ